レディー

クレータータイプのニキビ跡に一撃|美肌に変わるおまじない

しみやそばかすを薄くする

女の人

フォトフェイシャルは、肌に特殊な光を照射して、メラニン色素を破壊し、しみやそばかすを薄くすることのできる、治療方法です。フォトフェイシャルは、東京などにある美容皮膚科クリニックで受けることができ、インターネットで探すことができます。

Read More..

Related Links

  • ニキビ跡治療クリニックの選び方

    ニキビ跡のクレーターを克服する方法はこちらです。色んなケア方法があるため、自分の肌の状態に合わせて選んでおくことが大切といえます。

毒素を使ったプチ整形

医療器具

プチ整形は日帰りで受けられる美容整形を指しますが、プチ整形で使われているもののひとつがボトックスです。ボトックスはボツリヌス菌毒素を用いて身体に大きな影響がない範囲に薄めたものを注入することで半年程度、筋肉の働きを弱めることでしわを無くすといったことが可能です。

Read More..

優れたリフトアップ効果が

鏡を見る人

ウルセラは切らない美容整形とまで言われる、美容医療の1つです。超音波エネルギーを肌に照射し、肌をリフトアップします。ダウンタイムもほとんどありませんが、施術部位によって痛みが変わるので、この点は考慮しておきましょう。

Read More..

目立つニキビの跡の悩み

目を閉じる婦人

ニキビの跡の治療法

ニキビができた後にお肌に目立つニキビ跡が現れると、女性にとっては特に大きな悩みの種となってしまいます。ニキビ跡にはメイクでは隠しきれない赤みが強いものや、デコボコしたクレータータイプのものなどがあり、毎日どうやって目立たなくさせるか悩まれている女性が非常に多いとされています。ニキビ跡はこれら赤みが強いタイプ・クレータータイプなど、どのタイプであっても美容整形外科または美容皮膚科で治療が可能です。近年では男性の美意識の高まりからか、美容整形外科にニキビ跡の治療について相談に来られる男性も増加しています。美容整形外科での、ニキビ跡の治療はレーザー治療が基本となっています。レーザー治療は赤みが強いタイプ、デコボコしたクレータータイプなど、様々なタイプのニキビ跡の治療が可能とされています。

レーザー治療の利点

美容整形外科、美容皮膚科でのニキビ跡の治療法であるレーザー治療は、扱っている機器にもよりますが施術時間が約30分前後と非常に短いのが特徴です。また殆どのレーザー治療において、当日にメイクやシャワーが可能なのも大きな利点です。施術はレーザーで皮膚の表面に極小の穴を無数に開け、その照射部分の肌の再生を促すといった治療法です。ニキビ跡の他にも、小じわやたるみの治療にも効果的とされています。近年レーザー治療の進歩は目覚ましく、治療が難しい赤みの強いものや、クレータータイプのニキビ跡の治療に特化したレーザー機器も存在します。美容整形外科・美容皮膚科を受診する前に、取り扱っているレーザー機器をホームページなどで調べ、どの機器が自分のニキビ跡に適しているか確認しておくことをお勧めします